PS4版GTA5では、OPTIONSの操作方法に、「デッドゾーン」や「アクセル」が新しく追加されています。

この「デッドゾーン」や「アクセル」を調整することにより、よりダイレクトによりスムーズな操作が可能になるとのことです。

この辺りの設定は、GTAオンラインでのデスマッチなどのスコアにも関わってくる部分なので、自分にピッタリな調整をしておきたいものです。

今回は、その「デッドゾーン」や「アクセル」の説明と「感度・デッドゾーン・アクセル」をバランスよく調整する方法をご紹介します!

デッドゾーン・アクセルとは

デッドゾーン

右スティックの遊びの量を調整できます。

  • 最大に設定すると、スティックをある程度のところまで傾けると反応するようになります。(スティックの遊びが増えます)
  • 最小に設定すると、スティックを少し傾けるだけで反応するようになります。(遊びが減ります)

設定値を下げるほど、自分の操作に対してゲーム内の動作がキビキビ反応するようになります。

アクセル

視点や照準の移動速度が最大値になるまでの時間を調整できます。スティックを全開に倒した時に、視点や照準が徐々に早くなるのがわかるかと思います。1番早くなるまでの時間を調整できます。

  • 最大に設定すると、視点や照準の移動速度が最大になるまでの時間が短くなります。
  • 最小に設定すると、視点や照準の移動速度が最大になるまでの時間が長くなります。

設定値を上げるほど、任意の場所までの視点・照準移動が速くなるという認識でいいと思います。

デッドゾーン・アクセル・感度の調整方法

ストーリーモードで射撃演習場を開始する
まず、操作方法の設定をデフォルトに戻しておきます。

デッドゾーン・アクセル調整の為の射撃演習場の場所

ストーリーモードで、ここの武器屋の射撃演習場を開始します。武器はアサルトライフルで行います。

デッドゾーンの調整を行う
デッドゾーンの調整

アサルトライフルのチャレンジ1をプレイしながら、デッドゾーンの調整を行います。

デッドゾーンの調整確認

自分の操作に対して照準の移動が遅いと感じたら、デッドゾーンの値を下げていきます。スコアを参考にしながら、エイムしやすい値に設定して下さい。

アクセルの調整を行う
一度アクセルの値を1番下げて、同じくアサルトライフルのチャレンジ1をプレイしながら、アクセルの調整を行います。

アクセルの調整

エイムが定まらなくなり、照準の移動が遅いと感じるので、違和感がなくなるまでアクセルの値を少しずつ上げていきます。スコアを参考にしながら、エイムしやすい値に設定して下さい。

照準感度の調整を行う
射撃演習場チャレンジ2

アサルトライフルのチャレンジ2をプレイしながら、照準感度の調整を行います。

照準感度の調整

動く的ををエイムする際に、照準が通り過ぎてしまっている場合は感度を下げます。追いついていない場合は感度を上げます。スコアを参考にしながら、エイムしやすい値に設定して下さい。

カメラ感度の調整を行う
一度カメラ感度を照準感度と同じ値に設定します。

カメラ感度を調整する追跡ショットの場所

デスマッチの「追跡ショット」のステージでもある、近くのストリップクラブ入り口前でカメラ感度の調整を行います。

クリアリングをスムーズにするカメラ感度の調整

最初は、おそらくカメラ移動が遅いと感じるので、感度を上げていきます。スムーズにクリアリングができ、カメラがブレ始めないギリギリのところで値を設定します。

リセットされた他の項目を設定し直す
操作方法をデフォルトに戻した際に、リセットされた項目を設定し直します。
特に、「照準モード」や「操作タイプ」の設定には注意して下さい。調整は以上です。

以上で、3人称でのデッドゾーン・アクセル・照準感度・カメラ感度の調整は完了です。

設定は定期的に見直して、自分の上達に合わせて調整を行ってみて下さいね。

デッドゾーン・アクセル・感度をバランスよく調整してみて

今まで適当に設定していましたが、デッドゾーンとアクセルが、照準とカメラ感度の共通の設定になっていることに気づきました。

そこで、感度調整をする前に、デッドゾーンとアクセルの値を決定してしまった方が、この3つがバランスよく調整できるのではないかと考え、この手順で設定を見直しました。

その結果、ロケランやスナイパーライフルを命中させやすくなり、インサージェントやワルキューレなどの機銃も扱いやすくなりました!

しかし、照準もカメラも素早く正確に動かすことができれば、ゲームを有利に進められるのは間違いありません。

その場合は、デッドゾーンを最小に、アクセルを最大に、感度を高めに設定して、慣れるまで練習した方がいいかもしれません。

PS4版GTA5の設定は、まだまだ奥が深そうです。これからもいろいろといじっていきたいと思います。

投稿者プロフィール

レボル
レボル
PS4のオンラインマルチプレイをこよなく愛する者です。PS4オンラインゲーマーが気軽に集まり、交流できるコミュニティを作るため、日々精進しております。